辛い更年期を過ごしてきた管理人が あれこれ試してたどり着いたことをまとめています。

なぜ 漢方なの?

40歳を過ぎたころ、気分の落ち込みが多くなり 些細なことでイライラすることが多くなりました。

自分なんだけど自分を上手くコントロールできない感じが、更に気持ちの不安定さを招いていたのかもしれません。

それと同時に 顔のほてりや倦怠感、肩こりも辛かったです。


管理人

でも、病院へ行くほどでもない。
だけどツライ・・・。
そこで!私は、更年期対策にサプリメントを利用することにしたんです。

イソフラボンを主としたサプリ、ロイヤルゼリー、プラセンタ、など 更年期障害に良いサプリは多くあります。
そのなかでも漢方系サプリメントの効果はダントツ!
なぜ漢方サプリが更年期に一番効果を感じられたのか、いろいろ調べてみました。

自覚症状を重要とする漢方の考え方

例えば、

  • 常に手足が冷えている
  • 足がパンパンにむくむ
  • 生理痛がヒドイ

などの症状でお困りの女性は多いですよね。

ですが!
病院を受診しても、健康診断を受けても、特に具体的な原因が見つからず 病名がないという場合が多くあります。

いわゆる「異常なし」であったり、医師から「様子をみましょう」と言われることです。

これは、西洋医学の観点からいうと具体的な病名があるわけではないため、しばらく様子を診るという判断になるのですが 実際、病院へ診察を受けるほど 本人にとって症状が辛いわけで、「様子をみましょう」と言われてしまうと 精神的にも参ってしまいます。

そのようなとき 漢方医学の、自覚症状を重要視としている考えがとても助かるのです。

つまり、手足の冷えや生理痛など 『症状』 を 非常に重要なサインであると考えてくれるわけです。

西洋医学なら様子をみるところ、漢方医学は 自覚症状がでた段階から治療をはじめます。

更年期だからこそ漢方

更年期になると、現れてくる症状はさまざま。
例えば、

  • ホットフラッシュ
  • もの忘れがひどい
  • 抜け毛・薄毛
  • 肩こり・関節痛
  • イライラ
  • 気分の落ち込み

など とても多いです。
また、その日によって強く現れたり 何事もなく過ごせたり・・・。

このように 人によって現れる症状が違って、また複数の不調がでる更年期だから、幅広く対応してくれる漢方がオススメということなんですね。

更年期に漢方を選ぶメリット
・副作用が他の治療法と比べて少ない
・不調の原因が特定できなくても治療が可能
・多くの不調に対し、少ない数の漢方薬で対処可能
・更年期特有の心の不調に対処できる
・全体の印象を見たうえで治療に取り掛かる
・まだ病気として表に出ていない(未病)状態でも効果が期待できる

更年期に大人気!漢方系サプリメント

副作用が少なく 更年期障害のようなたくさんの症状に有効な漢方薬ですが、まずは手軽に始められる漢方系サプリメントを選ぶ方が とっても増えています。

ここでは、口コミで人気の更年期・漢方サプリメントをランキングで紹介してます。

  1. 白井田七

    お客様満足度94%!15日間返金保証つき
    田七人参の健康効果は科学で次々と証明されています!そんな田七人参を有機栽培で育て、たっぷり使用した白井田七は漢方の力を手軽に始められると大人気。効果の口コミが多く満足度が非常に高い漢方系サプリメントです。

    白井田七の詳しい詳細・公式サイトへ

  2. 高麗美人

    モンドセレクション4年連続金賞を受賞!
    高麗美人は『すっぽん小町』で有名な、ていねい通販が販売している漢方系サプリメント。本場韓国でも希少価値が高いプンギ産 高麗人参を使用。定期の回数縛りがなく、30日間返品保証がついているので始めやすい漢方サプリです。

    高麗美人の詳しい詳細・公式サイトへ

  3. 美健知箋ポリフェノール

    めぐりに注目した佐藤製薬のサプリメント
    ユンケルでおなじみ!佐藤製薬社の生薬研究ノウハウを凝縮した、更年期サプリメントが登場。高麗人参の他に、ポリフェノールやショウガが配合!巡りに着目しサポートする女性に嬉しいサプリメントです。

    美健知箋ポリフェノールの詳しい詳細・公式サイトへ


更年期が辛くなってしまう人ってどんな方?

若いころからホルモンの変動がある方は要注意です。

若いうちから女性ホルモンの動きが低下している方や不安定である方は、更年期になったとき症状が強く表れる傾向があります。

例として、女性ホルモンがまだ安定していない思春期に情緒不安定といった気分の変動が大きかった方や、毎月の生理前にPMSがツラい方、産後にうつ病になった方などは、特に意識しておきましょう。

PMSがツラかった方とそうではなかった方を比較すると、PMSがツラかった方のほうが更年期に抑うつやホットフラッシュなどの症状を発症する危険性が高いことがわかっています。

『楽観的にみる』これが大事!


更年期の世代の方々は、夫婦の関係問題や子どもの受験や巣立ち、親の介護などの家庭内ストレスを抱えやすいころ。また、仕事をしている方なら、職場内での責任が重くなっている年代です。

女性ホルモンが急激に減少するといった体内の変化もでてくるため、心身共にゆとりがなくなっている・・・。そんな時期に家庭や仕事のストレスが重なってしまうのです。

そのうえ、断れない、きまじめといった性格で無理を重ねた結果、更年期のツラさを増してしまうケースがあります。

また、バリバリと仕事や家事をこなしてきた方も まずは自分に抱え込まないことを意識して、心身の休養をとることが大切です。